葉酸 妊活 サプリ 効果 ベビ待ち

葉酸は胎児の成長に寄与する重要な栄養素の一つ

普段の食事から摂取する以外にもサプリを利用するのが、最もポピュラーですね。

では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。殆どの場合が、妊娠前から授乳期の終わりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、「妊娠初期の3ヶ月間」というのが有名です。

しかし、母体にとっても欠かせない栄養素なんですよね。






こうした点から、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。

一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。体温低下で血行不順になると摂取した栄養がうまく活用できなくなって、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下することにつながります。古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。


お灸は緊張をほぐして血行を良くして自律神経の働きを促し、ツボ刺激による癒し効果もあります。冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。
葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。
妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけてほしい栄養素で、推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を減らす効果があります。

厚生労働省が推奨するように、受胎前から妊娠初期の方には1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。
そのような場合はサプリメントを活用するのも良いと思います。皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性側が実践するものがよく紹介されています。しかし、男性側にも実践していただきたい妊活があります。それが葉酸の摂取です。不妊などの原因は母親側だけの問題かというとそうではなく、男性側の問題だというケースもあります。


男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。そのため、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。
葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が大勢居るのではないでしょうか。

ですが、葉酸というものは熱に弱いため調理の際の加熱によってどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。

葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が不足している、という場合もあります。妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛の摂取を心がけてください。その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。

男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果があることが分かっています。精子が活性化することをサポートしてくれるのです。
妊娠はどちらか一人ではできません。


元気で健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取をすすめてみてください。



葉酸が多く含まれている野菜についてですが、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜系の葉菜が多いようです。

病院の検査で妊娠が分かってから、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するという報告があります。毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。



納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取を勧めたいものです。妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。
ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行うなど様々な方法があります。その中でもヨガは、お勧めしたい運動の一つです。

ヨガによって血行が良くなると、自律神経を正常に働かせる作用があるので、すなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。

パソコンやスマートフォンでも動画が見れますから、自宅でも行えますし、軽く息が上がる程度の運動は凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。
心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。



ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、子宮や卵巣の機能が低下することがあります。


妊娠を望む家族の声や、本人の不安などが不妊治療中のストレスとなることも少なくなく、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。

治療しているのですから、あとはおおらかに構えるのが妊活の最初の一歩とも言えるでしょう。

葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが必須であると厚生省が推奨していますが、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が要らないのかと言うと、そんなことはありません。
お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を減少させるという有効性に限った話では、妊娠初期が重要な期間だという事です。


ですから、お腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。






 

サイトマップ